ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルは、AGA治療薬の有効成分のことです。

ミノキシジルが、プロペシアと大きく違う点は、AGA症状(男性型脱毛症)だけでなく、女性の薄毛にも効果を発揮してくれる点です。

これは、ミノキシジルの効果の発揮の仕方に理由があります。
ミノキシジル成分は、毛細血管を拡張し、頭皮の血流を良くすることによって毛髪へ栄養を送り込み、育毛・発毛を促す、というはたらきをします。
このミノキシジル成分のはたらきが、男女問わず、薄毛の治療に効果を発揮してくれるのです。

ミノキシジルは本来、高血圧症の治療薬として開発された成分です。
そのため、ミノキシジル成分により、血圧が2~3程度低下する、という副作用もあります。この数値は、健康で血圧正常値の方の服用には問題ありません。

プロペシアは男性胎児への影響があるため、妊婦や妊娠の可能性のある女性が身近にいる場合、使用することができませんが、ミノキシジル成分の医薬品はそういった場合でも使用することができます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジル成分の副作用は通常の服用・使用によってはほとんどなく、安全なお薬であるとされています。
特に外用薬は副作用も少ないとされていますが、内服薬の場合、めまいや動悸、胸痛、痒み、顔のむくみなどの症状が報告されています。他にも血圧低下、心拍数の増加、浮腫、催奇形性、白血球減少症、血小板減少症、吐気、嘔吐、ごくまれに心膜腔液貯溜などがあります。
またミノキシジルには、血圧を低下させる副作用があるため、高血圧の方や、低血圧の方は服用ができません。


ミノキシジル成分薬には、内服薬と外用薬があります。
もちろん、効果はきちんとありながら、安価に購入することができます。

AGA治療には、継続治療が必要であるため、コストパフォーマンスに優れたミノキシジルジェネリックを、当サイトではおすすめしています。


このページの先頭へ